はざまの読書会と鎌倉カフェめぐり

お題の本をまわし読み。
自分の番でないときは、読まれる言葉を聞きながらゆったりそれぞれの手仕事をたのしみましょう。

朗読会ではありません。大人の静かな知のリレー。

かざらず、きどらず、ゆっくりと、世界のはざまを本でたどる読書会です。

今月の一冊:

『ネイティブ・タイム -先住民の目で見た母なる島々の歴史』
北山耕平/地湧社/2001年 【amazonでみる

母なる地球の歴史は気が遠くなるほど長い。このとてつもなく長い歴史の中で、われわれ人類が登場したのは、実はつい最近のことである。大切なことなので、このことはよく覚えておいてほしい。今日までの地球の全歴史を二十四時間に短縮して、例えばそれがある日の午前○時にはじまったとすると、有機生命体が登場するのは同日の夕方五時頃で、恐竜たちが地響きを立ててやってきたときはすでに夜の十一時三十分をまわっていた。恐竜たちの中から人類が生まれてくるのは、あと二、三秒で深夜十二時になろうかという時間帯だった。

われわれは、ほんの少し前に、ここに、あらわれたにすぎない。

(Amazon紹介文より)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

日時:7月21日 (土) 11:30〜13:30
場所:garden&spaceくるくる (鎌倉駅から徒歩10分)
https://kurukuru2014.jimdo.com/space/
料金:¥1500+Donation

主催:はざま文化伝承会
協賛:惑星詩人協会

寄付は自由意志です。寄付金は全て はざま文化伝承会「はざまの女神基金」として東南アジアの子供達に送られます。

各自 手仕事をご持参ください。
刺繍、編み物、お絵かきなど アナログ推奨。
やさしい音なら楽器もOKです。

7/15追記:
はざま文化伝承会については—東京ポッドキャストVOL121「はざま文化伝承会ってなに?」で詳しく紹介しています!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

参加希望は:
はざま文化伝承会 Twitter DM @Hazamagoddess
牟礼菊乃 Twitter DM @KikunoMure
はざまの読書会 Facebookページ 
のいずれかにお申し込みください。

予約締切:7/19(木)18:00

 

読書会が終わるともうお昼。
せっかくだからこのまま、夏の海街を歩いてみませんか?

鎌倉に住んで早10年、すっかり地元っ子の牟礼菊乃が、喧騒から離れて昼下がりの余韻に浸れる素敵なカフェを3つセレクトしてみました。

 

terre verte

画像引用元:
https://www.instagram.com/miyuki_terreverte/

 

“この空間で少し言葉を交わし
好きな本を読み
少し気分が変えられる
それぞれの時間を
気持ちよく過ごして頂けるように”
(公式サイトより)

鎌倉駅西口を出て歩くこと15分。
知る人ぞ知る美味しいパン屋さん・カノムパンの2階にterre verteはあります。

名前の通りお店は緑でいっぱいです。で、緑と同じくらい本もいっぱい。ただ座ってずっと本読んでたらもう夕方、なんて素晴らしいじゃないですか。
読書会では足りない!という知のはしごを求める貴方にうってつけのカフェです。

http://terreverte.cc

 

ミルクホール


画像引用元:
https://www.milkhall1976.com

 

“鎌倉は小町通りの路地裏、ミルクホールが誕生したのは1976年6月のこと。
あの頃からずっと、そしてこれからも、いつまでも、ここに在り続ける。
扉を開ければ、懐かしくて、新しくて、不思議とほっとする場所。
ようこそ、ミルクホールへ。”
(公式サイトより)

深煎り珈琲、懐かしの味、おしゃべり、煙草、ジャズ。
どこを切り取っても美しい場所に身を置くと、なぜかしら、身も心も美しくなるような気がします。

フロア左側の奥まった部屋にある隠れた本棚は要チェック。オカルト好きなら思わず「おっ」となる背表紙があったりなかったりして。

https://www.milkhall1976.com

※ちなみに高校時代ここで働いていました

 

Crane Port Kamakura


画像引用元:
https://craneport.amebaownd.com

 

手前味噌ですが、私の両親が営むカフェです。

韓国人の母が作る韓国家庭料理は、出汁が効いててとってもやさしい。なぜなら彼女は正真正銘の出汁ソムリエだから。

ほろ酔い気分になりたいときも母に伝えてください。今度はワインエキスパートの顔を出して、色々すすめてくれます。

食後は父が焙煎した珈琲で、すっきりお口直しをどうぞ。

ちなみにここにも少しばかり本があります。
元Webデザイナーの父が集めた昔の雑誌や写真集など。ちなみに文学部卒なので、本の話題も大歓迎です。

https://craneport.amebaownd.com

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

他にも鎌倉には魅力的なカフェやバーがいっぱい。
ぜひ歩いて探してみてネ。

Text: 牟礼菊乃/ Twitter
関連記事:占う人たち:牟礼菊乃